対策をする

青空と模型の家

ピアノを朝も夜も気兼ねなく練習したいのなら防音工事は必須だといえます。 防音工事することによって、音は外に漏れ無くなるからです。 気をつけることといえば防音工事を施すための資金を準備しておく必要があることです。防音工事はお金がとてもかかるので、最低でも100万ほど用意しておく必要があります。もちろんもっと安くで工事することも出来ますが部分的な工事ではあまり効果がないことが多いです。やはり部屋全体に満遍なく防音工事をしなければ、一つの隙間から大音量の音が漏れてしまうのでそうなってしまっては意味がありません。また壁に防音を施しておいても、ガラスの窓の隙間から音は漏れやすいので防音ガラスなどに交換しておく必要があります。

防音工事にも様々な種類があります。例えば、マンションで楽器を演奏するために、防音工事を施す場合があります。楽器にも様々な種類がありますので、ピアノを弾く場合もありますし、ドラムなどを演奏する場合のように、より高い防音が求められることもあります。 さらに、自宅でホームシアターなどを楽しむため、より高い防音性能が必要なケースもあります。 また、ある施設に防音工事をして、ライブハウスや音楽スタジオとして使用するといったケースもあるでしょう。 そのため、一概に防音工事の費用の相場といったものはありません。楽器演奏の場合で、坪単価40万円ぐらいから、ライブハウスになるとその倍以上が必要となってくることもありますので、実際に工事を行う業者に正確な費用を見積もってもらうことが重要です。