どういうものなのか

ピンクのメジャー

オール電化とは、ガスなどに頼らず電力だけでその建物のエネルギーを賄う事を言います。 オール電化の場合、電気給湯器とIHヒーターのセットでの取り付けにより、最も安い電気料金での契約が可能となります。そこで、この場合の初期費用を見てみましょう。 一番人気のメーカーの製品の場合、メーカー希望価格の製品代で100万円程度です。そこに工事費などが足され、最終的な初期費用は130万円ほどです。しかし、専門業者を探せば半額程度で取り付ける事が可能です。もちろん、自分にあった業者で信頼ができる相手、きちんとした製品を扱っている相手でなければいけません。何社かピックアップして見積を取り、きちんと検討する事が重要です。 ガスと電気の生活からオール電化に切り替えた場合、月々の電気代が1万円ほど浮くと言われます。早く初期費用を回収するためには、最初の検討が非常に大事です。

一時期は大変な人気があったオール電化ですが、初期費用が高額である事と、東日本大震災による電力の不安定さと電気代高騰で、現在は導入を控えるケースも見られます。しかし、やはり人気は根強く、新築、リフォーム時などに施主側から要望が出るケースも多く見られます。売電のため太陽光パネルを設置する人が多くなっていることも、このオール電化への流れを後押ししています。 IHクッキングヒーターを使う事での安全性、光熱費を一本化できる事での利便性など、生活での便利さの点でもオール電化には大きなメリットがあります。また、オール電化はガスよりも間取りの制約を受けず、設計時の自由度が上がります。 エコの観点からももちろん有利なオール電化ですが、一般のユーザーにはこのような面でも人気を博しています。 今後、初期費用を抑えられる安価な給湯器の開発が望まれます。実現すれば、さらにオール電化の採用割合は増えていくと予想されます。