水漏れがおきたら

天井から吊るされたライト

トイレも10年15年も使用していると不良個所が出てきます。トイレ水漏れなどを起こした場合やトイレタンクの調子が悪い場合などはよくあることで、この場合多くの人が業者にお願いをして修理をしてもらうはずです。 ところが、トイレ水漏れの場合は原因さえ分かっていれば自分である程度修理をすることが可能なのです。 例えば、トイレタンクが水漏れを起こしている場合は、トイレタンクの部品が少しずれているだけが原因のこともあります。このようなトイレ水漏れは自分でずれを修正することで解決することが可能なのです。 また、パーツが劣化した場合も同様に自分でトイレ水漏れの修理が可能になります。ただし、メーカー特製の部品でホームセンターなどに行っても手に入らないこともあるので注意が必要です。

では、どうしても自分で直すことができない場合はどうしたらいいでしょうか。トイレ水漏れはそのまま放っておくと床がダメになり、基礎の上に立つ柱がダメになり、基礎まで水びたしになる恐れがあります。 そこまで行ってしまうともはやトイレの水漏れ修理では対応できず、何十倍ものお金がかかってしまいます。できることなら早めに修理をして元の状態に戻したいものです。 最近のトイレの水漏れ業者は競争が過激になってきています。業者の絶対数は逸れ程多くなくても、一つの業者が受け持つ範囲は結構広いためどうしても同じ町にある競合他社などと被ってしまいます。そこで、価格競争になる場合もあれば、価格は変えずサービス重視の会社も出てきます。いずれにしても消費者からすればよい傾向だと言えます。